キャッシング金利のグレーゾーン

キャッシング金利のグレーゾーン

キャッシング金利のグレーゾーン

どのようなものが法律上グレーゾーンと言われるキャッシングの金利なのでしょうか。

 

法律的にグレーゾーンになる金利が存在していたのは、キャッシングの法改正が行われた2010年より前で、

 

2つの出資法と利息制限法という法律が上限金利を定めていたことろに違いがあったからです。

 

元本によって違いはありますが、利息制限法では、15%〜20%がキャッシング上限金利であると規定されているようです。

 

出資法では、キャッシング利用時の金利は29.2%を越えなければ罰則はないとされていました。そこに金利差が生まれてグレーゾーン金利となるのです。

 

20%以上の金利で融資を行っているキャッシング会社は、グレーゾーン金利があった頃は案外多かったといいます。

 

キャッシングに関する法律の改正によってグレーゾーンがなくなり、融資をより低金利で受けることが可能になったのです。

 

金利の引き下げは、キャッシングだけでなくクレジットカードにも適用されている会社もあります。

 

その反対にキャッシングそのものが、法律の影響で今までより審査に通りにくくなり、簡単に利用できなくなっているようです。

 

キャッシング会社の立場からすれば、低い金利でしか融資ができなくなった以上は、

 

確実に貸付金を回収できなければ利益が上げられないためです。

 

なかなかキャッシングが、法律によって審査の基準が上がったことによって

 

できなくなってしまった人をだまそうとする業者もあるので要注意です。

 

ヤミ金融など非合法のキャッシング業者がキャッシングの法律の改正によってたくさんできることが心配されています。

クレジットカードの特典を上手に活用する

クレジットカード利用することによって得られる特典といってまず思いつくのはポイント還元ではないでしょうか。

 

特典にはいろいろあり、ポイントの還元以外にも、クレジットカードには優待割引特典があります。

 

具体的な割引率はクレジットカードによって様々ですが、半額以上の割引をしているところもあれば、1割程度の割引に留まる場合もあるようです。

 

クレジットカードの会社によって特典の内容も様々なものがあります。

 

どんな特典がついているクレジットカードなのか、カードを選ぶ時に確認することはとても大事です。

 

ポイントだけが特典ではありません。

 

クレジットカードの特典は、お得かどうかも重要かもしれませんが、それ以上に大事なことは、自分のカードの使い方に合っているかどうかです。

 

自分が利用する機会が多い場合に、優待特典が利用できるとすれば、それだけお得になるので、申込時には事前にチェックしておきましょう。

 

例えば、買い物をする場所がほぼ決まっている方には、系列店で得する流通系クレジットカードが大変お得です。

 

イオンカード、セゾンカード、アイワイカードなどは、自分の行く店に応じてつくるといいでしょう。

 

流通系クレジットカードの特徴として、毎月同じ日に、系列の店舗でクレジットカードを使った買い物をすると割引されることがあります。

 

毎月のことなので、特典のある日にまとめて買い物をすれば、さらに割引額が大きくなります。

 

月1回ではなく、何回かに分けて特典割引が行われるクレジットカード会社もあり、サービス内容を知っておくと何かと便利です。

 

効果的な特典があるクレジットカードを探すためには、いつもは、どんなところで買い物をしているかを、振り返ってみる必要があります。