お金を借りる際に審査が下りない人とは

お金を借りる際に審査が下りない人とは

お金を借りる際に審査が下りない人とは

キャッシングの審査が下りない人は、どんな人でしょうか?

 

キャッシングローン会社も商売です。

 

返済が見込めない人にお金は貸したくないのは当然です。

 

回収見込みがなければ、ビジネスとして成立しません。

 

審査が下りなかった場合、クレジットカード会社もですが、審査否認理由は教えてくれません。

 

メールで通知が来た後、

 

直接、理由を問い合わせても内容を教えてはくれないことがほとんどです。

 

予想される内容は、

 

 

申込用紙の不備

 

事実とは違うことが書いてある

 

ブラックリストに名前がある

 

 

などが考えられます。

 

ブラックリストは、他社で借り入れ後、

 

返済を3ヵ月以上遅らせてしまうと、リストに名前が載り、金融機関でそのリストが共有されます。

 

 

金融情報機関で共有しているこのリストは

 

「この人は滞納する人です」

 

とレッテルが貼られ、他の金融機関で審査が通りづらくなるのです。

 

返済能力がないということで、審査が下りないことが多いです。

 

一般的に5年経過で、

 

ブラックリストから名前が消えます。

 

「いずれは消える」ということでブラックリストを比較的、軽く見ている利用者もいますが、

 

一度乗ってしまうと不自由なことのほうがおおいです。 

 

返済滞納は、キャッシングローンの会社と交わした約束が守れないということです。

 

本来ならば延滞はすべきではありません。

 

審査が下りなかった人の中で、信用情報機関に問い合わせて該当がない方の場合も

 

同じく借り入れが出来ません。

 

架空の人の名前で申し込みをすると

 

実際にいない人なので、データ上もヒットしません。

 

キャッシングローンを悪用して、

 

こうした架空名義で申し込みをしても審査が下りないのは自明の理です。

 

SMBCモビット否決のケースを見てみると、

 

職場の電話番号が間違っていて、在籍確認が出来なかった(SMBCモビットカードローンの場合)

 

本人情報が間違っていて、審査通過できなかったなどの原因が考えられます。

 

SMBCモビット審査否決の連絡が来た場合、その理由を問い合わせてみてください。

 

審査否決連絡後に、問い合わせして通過した事例もあります。

 

→ SMBCモビット審査