SMBCモビットキャッシング審査について

SMBCモビットキャッシング審査について

SMBCモビットキャッシング審査について

 

ATMなどで、現金を借り入れしたことはありますか?

 

キャッシングサービスと呼ばれるサービスですが、キャッシング申込み後に審査が下りれば、カードを使ってお金を借りられるサービスです。

 

カードローンは手軽にお金を借りられる方法です。

 

二十歳以上の若い方から年配の方まで幅広い世代の人が利用しています。

 

しかし、借り入れについて、縁のない方や、全く興味がない方もいます。

 

自分の持っているクレジットカードで、キャッシングが出来ることも知らないケースもあるくらいです。

 

反対に、キャッシングサービスは良く使う、何度もお世話になっているという方も実は多いですね。

 

キャッシングは、比較的、軽いイメージがありますが、実際は「お金を借りている」のですから、「借金」です

 

友達同士では、堂々とキャッシングの話をする人もあまりいないものです。

 

話には出ないけれど、蓋を開けてみれば、実は利用しているという方が周囲にたくさんいるかもしれませんね。

 

キャッシングするには申し込みが必要で、キャッシングを利用するには審査があります。

 

クレジットカードを発行してもらうときと同じように、きちんと金融機関に申し込みをし、会社が審査したあと通れば、借り入れが出来るようになります。

 

SMBCモビットの審査は比較的結果が出るのが早く、あまり審査落ちしたと聞かないくらい一般的なサービスです

 

 

SMBCモビット

 

 

SMBCモビットの審査基準は?

 

 
SMBCモビットの審査基準で重要なのは、「年収」「借入金額」「限度額」の3つです。

 

SMBCモビットの審査では年収を偽らないこと

 

消費者金融でお金を借りる場合、1社の利用限度額が50万円までなら収入証明書の提出が不要です。

 

だからといって、年収を実際より高く申告するのは絶対止めましょう

 

申告に偽りがあれば審査は通りません。

 

仮に、嘘がばれずに審査に通ったとしても、その後の返済に苦しむのは自分です。

 

また、途中で嘘がばれれば、強制解約になり貸付金の一括返済を求められる場合もあります。

 

さらに、虚偽の申し込みは不正行為ですから、審査に落ちるだけでなく再度申し込みできなくなることもあります。

 

 

SMBCモビットの審査では借入金額は正確に申告すること

 

現在の借入金額についても嘘の申告をしても絶対バレます。

 

SMBCモビットを含む消費者金融は、あなたの個人情報を信用情報機関から入手できます。

 

信用情報機関は、本人の属性やクレジットカードやキャッシングの契約状況、借入・返済などの取引状況を全て把握しています

 

言いかえれば、消費者金融はあなたの申告で審査をしているのでは無く、信用情報機関の信用情報で審査をしているのです。

 

 

また、クレジットカードのキャッシング枠や信販会社でのお金の借り入れなどもキャッシング枠に含まれるので注意が必要です。

 

これらの借入金も合計して申告しなければなりません。

 

いわゆる、貸金業法に該当するものです。

 

 

ただし、クレジットカードでのショッピング利用には貸金業法ではなく割賦販売法が適用されるので、総量規制の対象外となりますので申告は必要ありません。

 

また、住宅ローンや車のローンなど担保が確保されたローンは借入金額に含まれないので除外できます。

 

 

SMBCモビットの審査は「限度額」を低くすれば、より審査に通過する可能性も高くなります

 

消費者金融は次の項目をチェックして利用限度額を設定しています。

 

・年収
・申込者の属性
・信用情報

 

消費者金融の審査では、上記の項目の内容に不安があると判断した場合、利用限度額は低めに設定されます。

 

 

SMBCモビットの審査では総量規制によって年収の3分の1までしかお金は借りられません

 

例えば、年収が300万円の人は貸金業法で定められた総量規制によって100万円までしかお金を借りることができません。

 

SMBCモビット以外にお金を借りている消費者金融やカードローンがあれば、100万円から現在借りている金額を差し引いた金額が借りられるお金になります。

 

限度額ぎりぎりの申し込みをするよりは余裕を持った申し込みをした方が審査は通り易いでしょう。

 

 

SMBCモビットの審査では申し込み者の属性によって限度額が低くなることもあります

 

申し込み者の属性とは、雇用形態(正社員かアルバイトなのか)、勤務先の規模(公務員や大企業なのか中小企業なのか)などです。

 

当然、アルバイトよりは正社員の方が有利ですし、中小企業よりは公務員の方が属性が高いと判断されます。

 

そのため、アルバイトやパート・派遣社員は大手企業の正社員よりも限度額が低くなることがあります。

 

 

SMBCモビットの審査では信用情報にキズがあると限度額が低く設定される

 

信用情報とは申込者が過去に利用したクレジットカードやキャッシングの履歴のことです。

 

クレジットカードやキャッシングの利用状況は、「個人信用情報機関」に信用情報として登録されます。

 

消費者金融は申し込みの審査や限度額を決めるために「個人信用情報機関」に登録されている申込者の信用情報を参考にします。

 

そのため、信用情報に延滞・債務整理などの情報が記録されていると、審査に通らなかったり、利用限度額が低くなることがあります

 

 

SMBCモビットでキャッシングを利用する際には、年収、働いている属性、信用情報を考慮して低めの限度額から申し込んだ方が審査は通りやすいでしょう。

 

低めの限度額の設定から利用を開始して、6ヶ月間きっちり返済していれば、利用額を増額することも可能になります。

SMBCモビットキャッシング審査について関連ページ

SMBCモビット 審査口コミ
SMBCモビット 審査口コミ
SMBCモビットキャッシング審査通過のコツ
SMBCモビットキャッシング審査通過のコツ
SMBCモビット増額審査可能?SMBCモビット増額審査時間とクチコミ
SMBCモビット増額審査可能?SMBCモビット増額審査時間とクチコミ